スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい技法

新しい技法を習いました。
魚のうろこみたいです。
同じ技法でも、大きさが違ったり、マットか、光沢があるか、パイエットかキュベットかでも、雰囲気が違います。

図案を見たとき、これは、絶対アンティークっぽい口金を使って、がま口バッグにしようと思い、自分で型紙を引きました。




スポンサーサイト

一度に

リュネビル刺繍は大きな布を台に張って刺すので、小さいものは一度にたくさんいっぺんに仕上げます。



ブローチ大量生産😊

Orange rose



オレンジ系で作ってみました。

Blue rose



芯を入れて少しふっくらさせました。
ブローチにします。

ブリックステッチ

ブローチを作るとき、例えば、刺繍した布と裏のフェルトのつなぎ目がいつも綺麗でなく不満でした。

あるビーズアクセサリーの本に、ブリックステッチという方法が載っていました。

とりあえず練習で、すでに完成していたピンクッションの周りをブリックステッチで1周してみました。





こんどは、ブローチの時にやってみます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。